2004年02月20日

はじめは「イ」の字、世にはばかる

白黒白黒、テクニカラー。お隣のお座敷で空手チョップを鑑賞しては、みかん箱に針金アンテナ見栄を張り。物心もつけばキャンディーズも解散しちゃったり、あっというまにテレビっ子が立派に育ったね。ここんとこの黄金時間はご多分にもれず蜘蛛の間を彷徨って、blogなんかはじめてみちゃったりの現代っ子。でもね、職場の方から借りちゃった『白い巨塔』なんかにうずもれちゃって、久方ぶりの正真正銘テレビっ子。嗚呼木曜日はテレビっ子。「四畳半と大河内教授の取り合わせがなんともはや、はははたまんねえ!」なんてテレビっ子将軍任命。は、謹んでお受けします。

テレビ朝日と云えば、『ニュース・ステーション』のテーマ曲は何とかならんか信右衛門、まろはあの無神経な工場出荷時プリセットみたいなシンセとリバーブ、それから親の敵でも居るのか、そんなに拝一刀が憎いのかって具合のキーキークラシック崩れの歌がとってもとっても我慢ならんのじゃ打ち首じゃ!。ってたらU2なんかになったので安心してたの。も、つかの間。
件のドラマの"Amazing Grace"が、まあアレンジは許そうアレンジは。なんでこう、「ある層」ってさ、歌声ってこういうの好きなの?半端なYAMA○A教育の"自称"クラシック好きのポップ観みたいなの?お父さん今日はアイスクリーム買ってあげないぞ。

閑話休題。やや、昨年NHK-BSで視た『アメイジング・グレースの魂 〜賛美歌が語り継ぐアメリカ〜』(リンク先はHi-Vision放送時の解説)がとっても面白かっただけに取り乱し気味の私。かの国アメリカで、人種や民族が入り乱れる道のりがひとつの歌で象徴的に辿られるという、アメリカン・ルーツ音楽系好きには垂涎の内容。予備知識的には『フィドルの本―あるいは縁の下のヴァイオリン弾き』(茂木健・音楽之友社)が平行した内容でとってもグー。上の番組は“賛美歌”って表現に語弊がある感じもあるのだけど、こちらは移民から音楽が混じっていく様、楽器のルーツ/奏法や、ひとくちにカントリーと云っても即“白人の音楽”と云い切れない様子がわくわくする。

その辺の面白さってのは、コーエン兄弟の映画“O Brother, Where Art Thou?”のサントラがコンセプトとして伝えてくれてる気が致します。因みにリージョン1(米国向け)のDVDですが、サントラのメンツでツアーをした折の映像“Down from Mountain”は、大変にとっても機械の身体を手に入れてでも手に入れておきたい素晴らしいものです。Cox Familyの、ベテランながら瑞々しいなみだちょちょぎれパフォーマンス、故John Hartfordおどけた渋さ、Gillian WelchやAlison Krausのコーラスが絶品絶品。そんでもって同じく茂木健さん著の『バラッドの世界―ブリティッシュ・トラッドの系譜』(同、絶版なのかな)も本棚にそっと。

ウクレレはテレビっ子しながらでも弾けるのでとっても便利。こんなのみっけたから、同じく大河内ファンのパートさん達とお昼休みに楽しもうっと。練習練習♪じゃらららん。


posted by swj at 19:57| 長野 | Comment(5) | TrackBack(0) | "their" notes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでたうございます〜〜〜〜〜!

IEでもすっきりきれい!やったね10分咲き!
これで記事に専念できるというもので、無理なきペースでこれからも楽しませてくださいまし。

シカシ、何が原因やったんでしょうかねちびっと気になるなー。
Posted by nook at 2004年02月21日 01:19
読める! ボクにも読めるんだ! byアムロ

よかった〜。かぁさん安心して眠れます。
まったくもぅ、CSSめ。(←まだ言う)
Posted by march at 2004年02月21日 12:19
嗚呼幾星霜、どれほどこの日を夢見たことか。

閣下、各国より祝電が届いておりますおおそうか皆律儀なことよのうこれから攻め落とされるとも知らずにな!ふはははは!!!!

…なんてことはないです。言葉に出来ない想いを託して、
「もぉうっ、CSSめっ♪」(←やめる気無し)
Posted by swj at 2004年02月21日 19:35
Help! I need somebody! Help!
という訳で、タイトル画像でトップに戻るリンクをしくじっているワタクシです。
CSSめ。(←今年の流行語大賞最有力候補)

ボナルー、見逃してしまいました。
あとでその思いのたけを綴ってみます。くぅぅ。
Posted by march at 2004年02月23日 10:44
Nobody knows you when you are down and out.
…なんてね。
Posted by swj at 2004年02月23日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。