2004年02月19日

イート・アット・ホーム/茶箪笥ごとお持ち帰り

出ておいでよお嬢さん。よいご時世に生まれましたね我ら聞き耳頭巾。過日のエントリー、ボナルー・ミュージックフェスティバルも、ちょいの間待てばお宅でもご鑑賞オッケー。2002年と2003年がCDとDVD両方出ております。両メディアで曲目が重複しないものがあるってぇところがんまぁ商売上手ね若旦那。

先ずは2003のCDを拝聴、何とBen Harperの歌う "Sexual Healing"所収。例のシンセベースフレーズをアコギで流麗に。個人的にはこれだけでも買いと云えましょう。是非とも影像をとも思ったけれど、こちらはCDのみでちょっと残念。で、CDではこの前がJBだったり、直ぐ後にThe Roots、MM&W、Emmylou Harrisと続いたりしてかの国でなければちょっと無理だよ旦那!な展開。そのあと3曲が個人的なハイライト、Bela Fleck and the Flecktones、Leo Kottke & Mike Gordonと、詩情も豊かなテクニカルチームが続きます。素敵。結婚して。極めつけはここの所アルバムが私の車内でぐーるぐるなNickel Creek"I Should have Known Better"。英才キャリアのブルーグラス・ルーツィな、フィドル/マンドリン/アコギのトリオ(演奏はダブルベースお父さんも)。若さと円熟とプログレッシヴなアイディアが繊細なさじ加減でダイナミックにウルトラスペシャルデラックスな具合で構築されるバンドさん。ボナルーでの演奏は、アルバムのこってり気味のアレンジをそぎ落として絶妙なグルーヴ感(特にマンドリンの空ピックに号泣)と甘酸っぱくも燻銀なコーラスワークでリピート幾星霜。これだけでも買って良かったわあなたそうかいお前もそう思うかい今夜は星が綺麗だねえはははは。

因みにDVDはと云えば、2003は何だかカメラワークに懲りすぎて、あちこちから影像を持ってくるので、楽器をかじっている者としてはたいそう辛い拷問です。2002はどちらかと云えばフツーなので、ちっちゃめのステージで歌うノラ・ジョーンズがフツーに見られたり。
ジェット機でひとっ飛びできないこの私、今年はどうかフツーに茶の間で頂きたいのです。

お代は見てから!の江戸っ子衆はスペースシャワーTVで放送の由、ご覧遊ばせ(2/10(火)23:30-26:00、2/21(土)25:30-28:00、2/28(土)19:30-21:00)。


posted by swj at 19:28| 長野 | Comment(5) | TrackBack(2) | "their" notes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ザ・デッドによる前身グレイトフル・デッドの「Sugar Magnolia」、ソニック・ユース、フレイミング・リップス、ポリフォニック・スプリーといったオルタネイティヴ系、音響系のトータス、ヒップホップ界からザ・ルーツ、そしてオールマン・ブラザース・バンド、ジェームス・ブラウンといった大御所まであらゆるジャンルの凄いメンツが大集合!

…って勝手にスペースシャワーから引用してますけど、嗚呼、ワタクシが前回MTVで見たのは触りだけだったね。だってソニックユースもフレイミングもポリフォニックスプリーも見てないもん。

明日なんだから。観るんだから。
ボナルーめ(←気に入っている)
Posted by march at 2004年02月20日 08:48
ソニックユースとオールマンが一緒に見られるフェスというのも、かの国ならではですな。で、実際に行ってもmarchさんのおっしゃる3つもみられなかったり。逆に「何だこいつら!?」みたいのに出会ってみたり。

因みにうちは映りの悪いケーブルTVでスペースシャワーTVは見られません。
CSめ(←いまいち)
Posted by swj at 2004年02月20日 18:36
スペシャで見ました!。
でも、夜は起きられなかったので、
録画ですが…。

もう体が反応しちゃって。
私、踊りが、どうしても阿波踊り系、盆踊り系
なので、旦那と子供が笑っちゃって、困りました。
本人、至ってまじめなんだけどな…。

音楽もなんですけど、ああいうフェスものを見ると、
観客や、雰囲気に気がいっちゃって。
なんか、fujiとだぶっちゃうのは、私の悪い癖でしょうか?
Posted by 渡味 at 2004年02月23日 20:48
観客の雰囲気、たしかにいいかんじなんですよね、ボナルー。それだけにあんまり見せられるとくやしくなるというか、うらやましいんあじゃあああ!!となってしまいまして。

私も頭と腰をガンガン降って踊るのですが。先日Tower Of Powerを聴きにBluenote Tokyoに行った折、相方が遅れると連絡してきたので「君がこないと楽しさ半減だよ」とメールしたのです。遅れてやってきた相方が見た私は大変幸福そうな顔をしてガンガンに踊り狂っていたそうです。

Fuji Rockは嵐の第一回しか行けてないんですけど、あのときのRage Against The Machineは「何か食べて踊ってないと凍えて死ぬ!」と云う弟と私を助けてくれました。嗚呼。
Posted by swj at 2004年02月23日 22:11
ウチもCATVですよ。うへへ。

Fuji Rockは東京でやった時(第2回?)に行きました。埋め立て地のため、皆が飛び跳ねると地面が揺れるので「嗚呼ワタクシはここで海の藻屑と消えるかも…」という恐怖感もあっておとなしくしていたのですが、お目当てが出ると人が変わったようになったワタクシは一体…。

いいな、Tower of Power。
Bluenoteめ。
Posted by march at 2004年02月24日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今夜は最高!
Excerpt: 初めてコメントをいただいた、swjさんの「Smackwater Jack」 で述べられていますが、 海外のフェス、≪ボナルー・ミュージック・フェスティバルスペシャル2003≫が 今夜リピート放送で、ス..
Weblog: 転石馬鹿ぼやき
Tracked: 2004-02-21 21:27

■ボナルー・ミュージックフェスティバル 2003
Excerpt:  Track Back【イート・アット・ホーム/茶箪笥ごとお持ち帰り】 by Smackwater Jack@swj  ほぅぅぅ。切ない。  土曜日の深夜だった訳です。  スペースシャワーTVでの“..
Weblog: sketch-book
Tracked: 2004-02-23 11:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。