2004年02月13日

知りすぎた男、忘れてたこと

しったかぶり、訳知り顔、ペダンチックは、そも煙たがられる運命なれど、メタフィクションなくらいにその在りようを徹底すると、嘆息するほど素敵なものだねえ。知らしめたるはアイザック・アシモフ教授、たてがみをもった厄介者、いわずもがなのSF巨人。

うちんとこの看板↑についてのコメントで、
こばわ。ワタクシもmarchさん同様、IEで挫折してsafari1.0でリベンジして参り真氏太(ことえりで一発変換。どこの御曹司だ)。
タイトルバナーがごっつええかんじ〜ですね。アイザックアシモフ? いえ、あんまり詳しくはないんですが。色合いがレトロSFちっくで。
Posted by やすこ at 2004年02月13日 00:15

なる嬉しいお言葉(叶匠壽庵「あも」をあげましょう)。すっかり忘れてたよ、アシモフ先生。あんなに好きだったのにね。

先生の物知りっぷりといいましたらね、そりゃあもう大変なものござぁしたよ、ええ。あたくしが拝読したンでもね、ほら、えすえふってえのはあれでしょ、まことでないものをまことのように見せかける、まやかしがホンモンとおんなし具合に見えてきちまうって案配でしょ、そりゃあね、そいつにかけちゃあ先生、たいしたモンだった、うん。そんだけでも大変な脳みそじゃあねえですか、そうでしょう?ところがね、先生のこう、すごいっ!てのはねえ、あれだ、言っちまえばさ、知ってること全っ部書いちまうってことだね。頭のいい御仁てのはさ、ちったあ「だしおしみ」ってするでしょ?しないねえ、全っ然しない。ひょっとすりゃあこちとらウンザリってぐらいトトーンって出してくる。うんちく火縄銃よ。特にね、先生ぁ推理小説なんてのもやっつけててね、まあ「黒後家蜘蛛の会」っつーのがあたくしぁとーっても好きでねえ、登場人物がまあ、功なし名を遂げたいずれもこれ名士揃い、弁護士から絵描きから化学者から文学教授、揃いも揃ってうんちく尽くしなわけ。で、毎回毎回しゃれたレストランで部屋ぁ貸し切って会食んときに謎解きするって具合でね。でも不思議とこうね、嫌みじゃないんだな、その「うんちく尽くし」がさ。どっかね、いろンなこと知っててさ、知りすぎてることの滑稽さっつうかさ、うん。や、それがさ、さんざっぱら難問奇問をこねくりまわしたってぇとね、初っぱなからじーッってんで黙って立ち働いてるさ、こいつぁ無知と思われても仕方ねえ「給仕のヘンリー」ってのが「ちょっとよろしいでしょうか、ルーピン様」とかなんとか言って、さーッって具合にするするって解いちまっておいしいとこもってちゃうのよ、たいした推理でもって。くーっ!。わくわくするやらにんまりするやら、こりゃあ旦那、読んでったほうが身のためでござぁすよ。

長屋の熊さんも、かように申しております。

かく言う私、先生から学んだことは「ビルから落っこっても死ななかったのに、バナナの皮ですっころんで死んだ人がいる」という驚愕の事実。
さて、凡庸な我々市井の人々は、「アシモフの雑学コレクション」でも拝読して、明日のヘンリーを目指しましょうか。
給仕の腕も磨かなくっちゃね台風


posted by swj at 20:08| 長野 | Comment(11) | TrackBack(1) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うおー!

safariだとバッチリです。タイトルも随分と雰囲気がかわっちゃって。すごいなぁ。

こんなにもブラウザで違うなんて…。くりびつ。でもIEでみたる人も多いと思われますので、大変だと思いますががんばってくださいましー!!

Posted by nook at 2004年02月13日 20:39
macユーザーの末席として申し訳なく思っております(泣
今日も色々(仕事中に…)しらべてみたんですが、もうちょっと絶対配置をきちんとすればなんとかなるかなあ…。

今日はちょっとだめですが、精進精進。がんばります。
Posted by swj at 2004年02月13日 23:26
よ、読みたい…
Posted by march at 2004年02月14日 15:58
marchさんのコメントの意味は、

1)アシモフ氏の著作を読みたい
2)このうすらトンカチがいいかげんなCSSの所為で読めねえんだよタコ

のどちらでしょうか…。2)の予感がする、そんな黄昏時。
Posted by swj at 2004年02月14日 18:42
コメントページのれレイアウトは大丈夫なんですよねー。

marchさんとりあえずブラウザの初期設定(環境設定?)で「cssを無効」にしちゃうと記事は読めますよ。

私はアシモフ氏の作品も読みたいです。


…「も」?

そんなうしみつ時(←ウソ)
Posted by nook at 2004年02月14日 22:48
今、努力してみたんですけど、ローカルでHTML内のスタイルシートファイル指定をstyles.cssだけにしてみたら何故かIEでもばっちり。でもHTMLは実際いじれないわけで(←純)
謎が深まってしまった…。鈴木ウシミツ(意味不明)
Posted by swj at 2004年02月14日 22:59
謎です。

こちらのCSSファイルをローカルに持って帰って表示させてみたら、ちゃんと表示されてるんですよ!

…原因わからないです。

どうやら#contentのmargin設定が生きてないみたいですね。ためしにposition:absoluteで設定しなおしてみるってのがてっとりばやい一案でしょうか…。
Posted by nook at 2004年02月16日 23:19
いっこ「あやしい」と思うことがあるんで試してみてください!!

【#contentにwidth指定してみてください】

並べて見てみて、ここが唯一ウチのとswjさんとこのの「違うとこ」だと思う。swjさんは「.blog」の方にwidth:460pxの幅指定してはるけど、これを#contentの方に移動してみてくださいまし。

これかなりあやしいですよ!(あかんかったらゴメンやけど)
Posted by nook at 2004年02月18日 00:51
あわわわ、犬っ鼻にかかりきりになってて見逃してましたー。あしもふー。ピックアップありがとうございます。アシモフといえば……と思いついたのはレイ・ブラッドベリの作品ばっかでした(「火星年代記」とか)。そ、それぐらい無知だということに気づきました。ハズカシ。
熊さんのお勧め、読んでみようかしら。cssも頑張ってください。せっかく素敵なデザインなんですもの。
Posted by やすこ at 2004年02月18日 14:37
やすこさん、ありがとうございます。最近お礼ばっかで申し訳ない。てか、IEちゃん、どうして私の事嫌うの? …アハハハーまてーアハハー…(パクリ)。

nookさん、早速試したら画面いっぱい広がりやがりましたわ。もうわけわからん。CSSめ。
Posted by swj at 2004年02月18日 21:24
あうぅ…

なーんーでーーーー?????!


ゴメンなさい。
Posted by nook at 2004年02月19日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

黒後家蜘蛛の会
Excerpt: 黒後家蜘蛛の会 (1)〜(5) アイザック・アシモフ SF作家アイザック・アシモフの短編シリーズ。 黒後家蜘蛛の会というクラブが月に一度開く晩餐会で 毎回巻き起こるミステリ談義。..
Weblog: えいはんストア
Tracked: 2004-05-22 14:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。