2003年12月01日

アルバートホールで1,000の浅知恵

フォントを探していたら素敵なサイトを発見。したのだけど、うっかり場所を控えておらず、Google「フォント インド」と救いようのないアバウト検索により再発見。ガマも吃驚だね。テクノロジー万歳。

ジョージ・ハリスンのトリビュートフィルムを鑑賞直後だったので、御縁があったのかも。インドについての知識は皆無に等しい私ですが、こうしたご時世、無抵抗主義に幸あれと思う事。自分の反省も含めてだけど、デモ気取って道端で騒ぐ前に、選挙に行け、選挙に。若者よ。


posted by swj at 22:33| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
矢萩多聞さんのフォントはわたしも好きです。アクが強いので使い道がわからず、ただ眺めてるだけなんですけど……「フォント インド」ってまさしくそうだよなあと思いました。
Posted by やすこ at 2003年12月03日 17:25
やあやあ、どうも。
モバイルからだとコメントが見られませんので、お礼が遅れました(blogは書きっぱなしというのもふつうらしいのですが)。
野望としては、アレを使ってここを化粧直しと。只今CSS勉強中です。使いこなして、アクの強いblogを目指します!?
Posted by swj at 2003年12月05日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。